行政書士ゼミナール

行政書士試験 練習問題 その1

【問1】

行政手続法が定める不利益処分に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。


弁明の機会の付与における弁明は、行政庁が書面ですることを認めたときを除 き、指定された日時及び場所において、口頭で行うものとされている。

▲ページトップに戻る